女性向けカードローン

消費者金融業界は大きく変わっています。大手の業者はメガバンクの傘下に入り、とてもクリーンなイメージになりました。女性の利用も以前に比べると増えて来ています。
主婦の方やビジネスシーンで活躍されている女性の方だからこそ、時には急な出費に対応しなくてはならないことがあるものです。
今すぐお金借りる!そんな時には気軽に女性向けカードローンを利用できたら良いですね。

しかし、実態はまだまだ男性の利用客が圧倒的に多いのも事実です。カードローンって何となく気が引けてしまいますよね。そんなあなたも利用しやすくなるよう更に大きくイメージを変えたのが、女性向けカードローンなんです。

女性向けカードローンには二つの特徴があります。
一つは女性だけが利用できる専用商品ということです。女性専用ダイヤルの開設や、ホームページなども女性らしいデザインで、各社共女性が少しでも利用し易いように工夫を重ねています。

もう一つは女性スタッフが対応してくれるということです。電話したり、店頭に行った時など、男性が対応してくれるより女性が丁寧に説明してくれた方が嬉しいですよね。申し込み後の本人確認や職場への確認もすべて専門の女性が優しく丁寧に対応してくれますので、とても安心なんです。

このように女性向けカードローンでは、女性が少しでも利用し易いようにソフト面を充実させています。日々サービスは向上していますので、一度気軽に電話で問い合わせてみてはいかがでしょうか?
イメージが変わるかも知れませんよ!

闇金

闇金とは、国や都道府県知事への登録をせずに営業している違法な金融業者のことです。登録はしているが、利息制限法や出資法の上限を超えた金利を設定している業者のことを闇金と呼ぶこともあります。いずれにせよ、法律を守っていない違法な業者のことです。

闇金でお金を借りてしまうと、年利100%を大きく超える利息をとられるので、返済が困難になる可能性がとても高いです。また、返済が滞ると、職場や家族にまで嫌がらせを行い、あらゆる手段を使ってでもお金を回収しようとしてくることも闇金の特徴です。

闇金の被害に遭ってしまった場合の対策としては、まずは警察に被害届を出し、その後弁護士に相談をすることです。警察に相談をして解決することもありますが、警察には民事不介入の原則があるので、借金問題については解決してくれません。借金問題を解決してもらうなら、弁護士に相談をする必要があります。

闇金は違法な業者なので、契約は無効になり、利息を返済する義務はありません。しかし、個人で「契約は無効なのでお金を返しません」と主張をしても、受け入れられる可能性は低いです。こういった交渉は、力のある弁護士にしてもらう必要があります。

また、後で裁判をすればお金を回収できると思っている人もいますが、実際にはそう甘くはありません。犯罪組織というのは、警察に捕まらないための工夫をしていますし、住所なども偽者である可能性が高いです。相手の住所がわからなければ裁判はできません。

主婦でもお金を借りられる

主婦でもお金を借りられる金融機関はたくさんあります。金融機関にとっては、貸したお金を返してもらうことが重要なので、主婦であっても安定収入があれば問題ありません。主婦の場合、パートやアルバイトで少ない収入しかないことも多いと思いますが、収入に応じた無理のない金額を借りるのであれば、審査には問題なく通ります。

もしも審査に落ちたとすれば、それは主婦であることが原因なのではなく、他社からの借り入れが多すぎるとか、過去にクレジットカードなどの支払いで延滞をして個人信用情報にキズがついているといった理由である可能性が高いです。

完全に無収入の専業主婦の人は、お金を借りることは難しくなります。消費者金融では総量規制があるので、法律的に専業主婦がお金を借りることはできません。一方、銀行や信用金庫では、総量規制の対象外ですので、専業主婦向けのカードローンを用意していることもあります。

しかし、専業主婦の人は、夫からもらうお金を使って返済していくことになると思いますので、借りすぎには注意しましょう。借りすぎてしまうと、家計のやりくりに影響して、結果的に夫にバレてしまうことになります。また、任意整理や自己破産などの債務整理をしなければならなくなることもあります。

土地や建物などの担保を用意できる人は、借り入れのハードルが下がります。金融機関としては、担保を提供してもらえばリスク無しでお金を貸すことができるので、相手が無収入でも安心して貸すことができます。定期預金がある人は、定期預金担保貸付を利用すれば低金利でお金を借りることができます。